So-net無料ブログ作成
検索選択

<北海道アイヌ協会>加藤理事長が辞意 「健康上の理由」(毎日新聞)

 北海道アイヌ協会の加藤忠理事長(71)が25日、札幌市中央区で開かれた理事会で辞意を表明した。加藤理事長は「健康上の理由」と説明。理事会は慰留を続けているが、6月10日付での辞任を求めている。同協会ではアイヌ民俗文化財保存・伝承活動事業をめぐって不適切な会計処理が発覚。協会側の対応の責任を問う声も上がっていた。

 加藤理事長は04年5月、理事長に就任。アイヌの伝統的生活空間「イオル」再生事業を白老町と平取町で進めた。また、アイヌを先住民族と認めるよう求めた国会決議(08年6月)を受けて設置された政府の「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」の委員として、アイヌ民族の権利擁護の先頭に立ってきた。

 理事会側は、政府のアイヌ政策推進会議の審議が進んでおり、この時期での理事長辞任の影響は大きいとし、引き続き理事長職にとどまるよう説得している。

 加藤理事長は毎日新聞の取材に対し、今回の辞意について一連の会計不祥事の引責辞任との見方を否定。「アイヌの権利回復に一定の道を開いたこの時期に身を引きたい。後は副理事長を中心に運営してほしい」と述べた。【千々部一好】

【関連ニュース
<関連記事>道アイヌ協会:不適切会計処理 虚偽出張旅費支出か /北海道
教育:「文化普及に貢献」 アイヌ出身の北原さん北大准教授に
<関連記事>道アイヌ協会:不適切会計処理 外部監査導入など改善策
<ニュースがわかる>世界の先住民族 アイヌ民族やアボリジニら

<普天間>辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
ハーグ条約でアンケート調査=外務省(時事通信)
工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)
お騒がせ俳優『ブルーノ』サシャ・バロン・コーエンが巨匠スコセッシ監督作に出演!?
移送のアホウドリが巣立ち=小笠原・聟島(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。