So-net無料ブログ作成

<北海道アイヌ協会>加藤理事長が辞意 「健康上の理由」(毎日新聞)

 北海道アイヌ協会の加藤忠理事長(71)が25日、札幌市中央区で開かれた理事会で辞意を表明した。加藤理事長は「健康上の理由」と説明。理事会は慰留を続けているが、6月10日付での辞任を求めている。同協会ではアイヌ民俗文化財保存・伝承活動事業をめぐって不適切な会計処理が発覚。協会側の対応の責任を問う声も上がっていた。

 加藤理事長は04年5月、理事長に就任。アイヌの伝統的生活空間「イオル」再生事業を白老町と平取町で進めた。また、アイヌを先住民族と認めるよう求めた国会決議(08年6月)を受けて設置された政府の「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」の委員として、アイヌ民族の権利擁護の先頭に立ってきた。

 理事会側は、政府のアイヌ政策推進会議の審議が進んでおり、この時期での理事長辞任の影響は大きいとし、引き続き理事長職にとどまるよう説得している。

 加藤理事長は毎日新聞の取材に対し、今回の辞意について一連の会計不祥事の引責辞任との見方を否定。「アイヌの権利回復に一定の道を開いたこの時期に身を引きたい。後は副理事長を中心に運営してほしい」と述べた。【千々部一好】

【関連ニュース】
<関連記事>道アイヌ協会:不適切会計処理 虚偽出張旅費支出か /北海道
教育:「文化普及に貢献」 アイヌ出身の北原さん北大准教授に
<関連記事>道アイヌ協会:不適切会計処理 外部監査導入など改善策
<ニュースがわかる>世界の先住民族 アイヌ民族やアボリジニら

<普天間>辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
ハーグ条約でアンケート調査=外務省(時事通信)
工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)
お騒がせ俳優『ブルーノ』サシャ・バロン・コーエンが巨匠スコセッシ監督作に出演!?
移送のアホウドリが巣立ち=小笠原・聟島(時事通信)

亀井郵政改革・金融相「花も嵐も乗り越えて、鳩山政権は突き進む」 小沢氏「起訴相当」で(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京第五検察審査会が27日、小沢氏に「起訴相当」を議決したことについて、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は同日、鳩山政権への影響について「花も嵐も乗り越えて、鳩山政権は国家と国民のために突き進んでいく。それに尽きます」と述べた。小沢氏の進退については「私から言うことじゃありません」とした。国会内で記者団に語った。

【関連記事】
小沢氏周辺が強調「幹事長の進退はない」
平沼代表「責任取り、潔く辞職せよ」 小沢氏起訴相当で
小沢氏起訴相当に戸惑い広がる地元「潔白信じる」「責任は重い」
鳩山G会長の大畠氏「冷静に受け止め、対処するしか…」
「検察もがんばっちゃったねえ」石川被告は電話で談笑
「裸の王様」次に座るのは…

<普天間移設>最終提案、首相「まだその段階に至ってない」(毎日新聞)
鳩山首相、不起訴相当「常識」を反映、率直な意見提示(産経新聞)
春の叙勲に倉本聰さん、さいとう・たかをさん(読売新聞)
<後半国会>国会改革…道路…郵政、重要法案足踏み 政権求心力低下で(毎日新聞)
GW あすから行楽日和 高波・雪崩に注意必要(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。